ビットコイン

アメリカと北朝鮮が戦争になったらビットコインが暴騰するかもしれない

投稿日:

こんにちは、TPAです!

最近、北朝鮮がグアムに核ミサイル攻撃を宣言しました。そしてアメリカ側も北朝鮮に爆撃の準備はできていると発言しています。

もしかしたら本当にアメリカと北朝鮮で戦争が起きてしまうかもしれません。

そしてそのミサイル発射も八月中に起こる可能性が高いのです。

 

そこで、今回のテーマですが、もし戦争が起きた時のビットコインの価格がどうなるかについて予測となぜかについて解説していきたいと思います。

最初に言っておきますが、僕は "戦争が起きれば儲かるかも" ということを言っているわけではなく、仮想通貨を勉強しているものとして "もし戦争がおきたらこうなる可能性があるよ" ということをお伝えしたいだけなので、ご了承お願いします。

戦争が起きたらどうなるの?

まずは戦争がおきた時のお金の流れについて予想したいと思います。

世界では、もし世界で何か重要な出来事や危機的なことが起こると、安全資産である日本円やアメリカドルを購入して回避するという傾向があります。

なので本来はこういう戦争の場合は円かドルにお金が流れていきますが、今回の場合はそうでない可能性が高いのです。

その理由を解説していきます。

 

まずはドルをみていきましょう。

近年、アメリカは大量に借金があり経済状況があまりよくありません。だからドナルドトランプ氏が "Make America Great Again" と言っているんですね笑

そしてその経済状況があまりよくない中でアメリカ自身が戦争を始めようとしています。

戦争をするということは莫大なお金がかかるということです。昔の経済力がとてもあったアメリカならともかく、現在では "ただでさえ大量の借金があるのにそんなにお金を使ったらアメリカやばいんじゃないの?" というふうになってくるわけです。

もしそれで経済的にもっとやばくなったら、アメリカドルの価値は大暴落する可能性が高いのです。

なのでアメリカドルを安全通貨としては今は購入しないでしょう。

 

ではもう一つの円はどうでしょうか?

円といえばご存知の通り、我らの国である日本で使われている通貨ですね。しかし、今回のアメリカと北朝鮮の戦争で地理的に日本はどこにあるでしょうか?

日本はちょうど真ん中に位置していますね。すると万が一ミサイルが日本に落ちた場合や戦争によって被害が受ける可能性もゼロではないのです。

もちろん可能性は非常に低いですが、もし万が一の可能性を考えると円も安全とはいえないですね。なぜなら日本が大被害を受けてしまったら円の価値は大暴落するからです。

 

では、安全通貨としてどこにお金が流れていくのでしょうか?

ではどこにお金が流れていくの?

その答えは仮想通貨の代表であるビットコインの可能性が高いと言うことです。

今までは金(ゴールド)にお金が流れていくのが主流でしたが、近年仮想通貨が本格的に世界中で普及し始めていることによって、もしかしたらビットコインにお金が流れてくるのかもしれません。

その理由として、ゴールドよりも仮想通貨の方が利用価値が高く今後の価格が上がるのが期待できるからだと思います。

 

今現在日本では、仮想通貨は危険やあやしいなどというイメージがついてしまっていますが、世界ではそんなことはなく、これはインターネットの時と同じように第三の革命と言われています。

なので、今現在でいうとビットコインが安全で最も将来性が高いとみられているわけです。

そして安全通貨としてビットコインが選ばれ、世界中の資産家たちが購入すれば自ずと暴騰するというわけです。

 

実際に近年アメリカ、ニューヨークにあるウォール街の人たちはビットコインにバリバリ興味を持っているのです。

このウォール街の力によって、近い将来ビットコインがもっと主流になる可能性もあるということです。

 中国はどう動くのか?

では世界一のビットコイン大国で北朝鮮と密接関係にある中国はどう動くのでしょうか?

答えは "中国も逃避先としてビットコインを購入するかもしれない" です。

その理由は北朝鮮と密接関係にあるからです。

 

もしアメリカが北朝鮮と戦争をした場合、ほぼ確実にアメリカが勝つことが予想されます。

すると北朝鮮の土地は実質アメリカが支配することになりますが、おそらく中国はこれが嫌なのです。なぜかというと、アメリカがアジア圏での発言力を強くすることは、中国にとって脅威だからです。

すると中国が取る行動をある程度予想することができます。

 

まず1つ目として、"アメリカと完全に対立して北朝鮮を支援する" ということになります。北朝鮮が勝つ可能性はほぼ0に近いですが、ここでのポイントとして中国は支援という形で戦争に参加したということです。

そして2つ目に、"アメリカを支援して一緒に北朝鮮を潰す" です。こうすればアメリカだけでなく中国も北朝鮮を実質的に支配できます。またここでも中国は戦争に参加していますね。

 

要するにどちらにしろ中国が戦争に参加するということは、自国の通貨がどうなるかわからないのでそれよりも信頼できるビットコインを買う可能性が高いということです。

もし中国も逃避先としてビットコインを購入すれば、価格は跳ね上がってくると予想できます。

まとめ

まとめとして、もし北朝鮮とアメリカが戦争を始めた場合は、ビットコインが逃避先として選ばれる可能性があり、そうなれば価格が今よりも暴騰していく ということです。

これはあくまで "いろいろ勉強した結果こういう風になるかもよ" という僕の予想なので、この未来が必ず起こるというわけではありません。

 

そして、最初に言った通り、僕は "戦争が起きれば儲かるかも" ということを言っているわけではなく、仮想通貨を勉強しているものとして "もし戦争がおきたらこうなる可能性があるよ" ということをお伝えしたかっただけなので、ご了承お願いします。

そもそも戦争がおきなくとも仮想通貨市場はもっと拡大していくため、ビットコインの価格は今後上がっていくと思っています。

 

とりあえず戦争がおきないことを祈りましょう。

地理的に真ん中にいる日本にとってたまったものではありません。まあイラン戦争の時と同じように怒ってしまうかもしれませんが。それにしてもアメリカは戦争ばかりですね。

 

というわけで戦争がおきた時のビットコインの価格の予想でした!

さようなら!







筆者プロフィール

   TPAです!
2017年6月から初心者ながら仮想通貨の投資に参入!
一時は資産を半分に減らすも、その後損失を取り戻し、含み益だが順調に資産増やし中!


仮想通貨を始めるならセキュリティがしっかりし、ビットコイン、リップル、イーサリアムなどの通貨が買え、初心者にもわかりやすいコインチェックをオススメします。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


仮想通貨ランキング

-ビットコイン

Copyright© 投資初心者の学生が仮想通貨に投資してみた結果www , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.