仮想通貨は危険!?

仮想通貨は本当に危ないのか?おそらくみんな誤解している

更新日:

こんにちは、TPAです!

Youtubeとかで仮想通貨についての動画をみたり、Yahoo!!Newsで仮想通貨に関する記事をよく読むのですが、そこのコメントで "やっぱり仮想通貨はあやしい" や "仮想通貨は危ない" などとというコメントをよく見かけます。

最初に一言、なんか勘違いしてないか?

確かに、ハッキングされたなんてニュースがあったり中には詐欺を行う連中もいるのが事実です。

しかし、仮想通貨全体で見ると世界中の大手銀行がある仮想通貨を採用するなど明るいニュースがたくさんあり、仮想通貨は世界中で使われ始めています

というわけで今回はなぜ仮想通貨があやしいや危ないと言われている理由とそれに関して自分なりに弁明したいと思います。

仮想通貨が危ないと言われる理由

まずは仮想通貨が危ないと言われている理由を自分なりに説明していきたいと思います。

実態がよくわからない

やはりこれが一番大きな理由なのではないのでしょうか?

多くの人は仮想通貨がどういうものでありどのように使われ何が便利なのかがあまり理解できていないと思います。

ビットコインやリップルという単語は知っているというものの、実際それがなんなのかはわからないという人は多いのではないでしょうか?

 

僕の友達に仮想通貨について聞いてもほぼ誰一人説明できる人はいません。

というのも現在世の中にはあまり普及していないし、仮想通貨自体がなかなか理解しづらいものだからから仕方がないのかなと思います。

実際インターネットがまだ世の中にあまり普及していない頃には、"ネットはあやしい" や "ネットは危険" などと思っていた人もいたのではないでしょうか?

 

しかし仮想通貨は何種類もの通貨があり、すでに利用されている通貨もあります。

将来的にはインターネットと同じようにもっと世の中に普及していくでしょう。(後述参照)

ハッキングとか怖い

仮想通貨のマイナスイメージには"ハッキングされるかもしれない"ということもあるでしょう。

実際に世界中でビットコインがハッキングされたりもしていますし、セキュリティに関しては気をつけなければいけません。

 

おそらくこのイメージがついたのマウントゴックスの事件による影響が大きいでしょう。

この事件のせいで未だに仮想通貨に対して悪い印象を持ってしまったと思います。

しかし、問題があったのはマウントゴックスでありビットコインではありません

そこを多数の人が勘違いしているのかなと思います。実際にビットコインは世界中で利用されており、1ビットコインの値段が上がっています。

 

値段が上がっているのはビットコインの価値が上がっているからです。

話を戻しますが、なぜハッキングされるかというと管理の仕方が悪いからです。

言い換えれば管理の仕方をきちんとしていれば銀行と同じように盗まれる可能性はぐっと低くなります(後述記載)

詐欺だと思われる

仮想通貨に対してマイナスイメージが染み込んでいるだけに "これ詐欺じゃない?" と思う人もいるでしょう。

ある記事のコメント欄では "円天みたいなものだろ" というのも見たことあります(笑)

確かに何種類もの仮想通貨がある中で詐欺を目的とした通貨もあります。

 

しかし、そういう通貨はホワイトペーパーといういわばその仮想通貨の説明書を読めばあやしいと思いますし、取引所で扱われないでしょう。

それどころか多くの仮想通貨はしっかりとした利用目的を持って作られており、詐欺ではありません。

実際にグーグルもリップルという仮想通貨に出資をしています。

 

ビットコインに関していえば、中央集権がないため騙しようがないです。

確かにビットコインを間違ったアドレスに送金させるといった詐欺の可能性はあるでしょう。

しかし、それは日本円を変な銀行のアカウントに入金させる詐欺(振り込め詐欺など)と同じようなものなので、ビットコイン自体が詐欺ではありません。

これらに対する弁明

ここからはこれを読んでくれている人が仮想通貨にいい印象を持ってくれるように弁明していきたいと思います。

仮想通貨の実態と将来性

まずは仮想通貨をあまり知らないという人に仮想通貨とは何かを簡単に説明していきたいと思います。

仮想通貨とはインターネット上にしか存在しないお金です。

そして何種類も存在し、その一つ一つに違う利用目的があります。ビットコインも仮想通貨の一つです。

 

"ネットにしかないならなんの価値もないじゃないか" と思うかもしれませんが、それは円やドルと比べて世の中に普及していないからです。

考えて見てください。なぜ日本円が価値があるかというとそのお金で物が買えるからです。しかしもし何も買えなければ誰も日本円なんて欲しがりませんよね。

ビットコインも同じで昔は何も買えませんでした。しかし近年日本円と同じようにビットコインで物が買えるようになっています。それも世界中でです。

 

日本でも有名なところだとビックカメラがビットコイン決済を対応しています。

つまりビットコインで物が買えるということは日本円などの法定通貨などと同じ価値を持つことになります。

厳密にいうと将来的に法定通貨よりも価値のあるものになるかもと思います。

なぜより価値のあるものになるのでしょうか?

その理由を説明します。

いつでも安い手数料で瞬時に送金ができる

先ほど僕はインターネット上にしか存在しないお金といいましたね。

ということはインターネットさえあれば仮想通貨をどこにでも送金することが可能なのです。それも格安な手数料で。

 

例えば、あなたが国内または海外にいる友達や家族にお金を送りたいと思っています。

これまではお金を送る際には必ず銀行を通して送らなければいけませんでした。その結果、多額の手数料を取られたり入金までの時間がかかりました。

しかし、仮想通貨は個人間でやりとりするため銀行を通さずにインターネットで送金することができます。その結果、格安の手数料で瞬時に送金することが可能になったのです。

 

そして、先ほど世界中でビットコインで物が買えるようになっているといいました。

ということはわざわざ外国のお金に変える必要がなく、旅行ができるということです。

今後もっと仮想通貨が普及してくると言われているので、様々な国にも仮想通貨があれば両替するという必要はなくなるかもしれません。

将来性が高い

上記のように仮想通貨は本来はあやしいものではなく便利なものです。

なので現在世界中で仮想通貨を使用するという動きがあります。

 

リップル(Ripple)という仮想通貨を例にあげましょう。

リップルは簡単に言えば "銀行や金融機関の国際送金をより安価でスムーズにするもの" なのですが、このリップルを世界中の銀行が採用すると発表しています

例をあげると、米国のJPモルガンイギリスやシンガポールの中央銀行、国内で言ったら三菱東京UFJ銀行などがあります。

このほか数十社が現在使用すると発表しています。

 

国によっては中央銀行までが使用すると発表しているわけです。日本の中央銀行の日本銀行はまだ使用すると発表していませんが、近いうちにするのではないかなと思います。

このように、仮想通貨は世界中で使用する動きが出ています。リップルの他にも様々な仮想通貨が使用されます。

なので、将来的に仮想通貨はもっと世の中に普及されるでしょう。

ハッキングとセキュリティに関して

次にハッキングに関して弁明していきたいと思います。

マウントゴックスの影響で仮想通貨は危険という印象を持たれてしまいました。

確かに、管理の仕方を間違えると非常に危険です。

なぜかというと銀行と違って自分のお金は自分で守らなくてはいけないからです。

 

しかし、裏を返せば管理の仕方さえ間違わなければハッキングされ盗まれる可能性は非常に少なくなります。

そして、その管理の仕方は特に難しくはありません。

具体的にどのように管理をすればいいのかというと、仮想通貨のウォレット、つまり仮想通貨を入れておく財布を入手する必要があります。

これはいわば銀行口座と同じようなもので、仮想通貨を保管し、送金や受金するときにも使うことができます。銀行口座のお金は盗まれる可能性は低いですよね?

 

このウォレットも同じで、そこに保管しパスワードを強固にすることによってハッキングされる確率や、盗難に会う確率はかなり減ります。

なぜかというと、シークレットキーというものがありそれを知らないと誰一人ウォレットを開けられないからです。

そして、そのシークレットキーを知っているのは世界であなた一人しかいないのです。

 

なので正しく管理すればハッキングや盗難される確率というのは実は低いのです。

しかし、中にはこの知識を知らずにいる人がいるため盗難被害が出てしまっているのです。

じゃあ仮想通貨は100%安全なの?

ここまでで仮想通貨に対する誤解がある程度解けていただけたら幸いです。

では仮想通貨は100%安全なのでしょうか?

答えは100%は安全ではないです。

なぜかというと、さっきも言ったように管理の仕方などを知らなければ失う可能性があるからです。

 

ある人は取引所に預けとけば安全という人もいますが、その取引所が破産する可能性も0ではありません。

しかし仮想通貨をウォレットに保管して入れば、たとえ取引所が破産が破産したとしても自分の手元にあるため問題はありません。

また、もう一つ100%安全だと言い切れない理由があります。

それは90%以上の仮想通貨は将来的に消えていくということです。

なぜ消えていくかというと、一部の仮想通貨が優秀すぎるからです。

 

考えてみてください。昔は今と違って検索エンジンはYahoo!!も強かったと思います。

しかし今ではあまり強くありません。なぜかというとGoogleが優秀すぎるからです。

仮想通貨も同じで一部の優秀な通貨が生き残り、残りの90%以上は消えていくと言われています。

しかし、よく考えてみてください。一部の優柔な通貨が生き残り、仮想通貨が今後もっと世の中に浸透していくということは、その一部の優秀な通貨に資金が流れていくということです。

 

実際に今年優秀な通貨であるさっき紹介したリップルは価格が最高で50倍近く上昇しました。

だからこそ、知識のある人は仮想通貨の将来性を見越していち早く投資目的で購入しているのです。

実際にGoogleもリップルに投資をしていることで有名です。

なのでもし"将来性を見越して仮想通貨が欲しい" という人は、一部の優秀な仮想通貨を購入することでこの危険性を抑えることができるのです。

 

もし仮想通貨を長期投資目的で購入する場合は、優秀な通貨を選ぶことが大切です。

また、今投資目的で購入してるといいましたが、中にはそれ目的では購入していない人もいます。

ではなぜそのような人は購入するのでしょうか?

リスク回避として購入する

その答えがこれです。

世界には自国の通貨が信じられない人もいるのです。

自分の国の将来があまりよくないと感じているため、今世界中で普及しているビットコインを買ったほうが安心だと感じているのです。

考えてみてください。自国の政府が賄賂で動かされていて、今後自国の通貨の価値がなくなる可能性があるとしたらどうなるでしょうか?

 

亡命しようにも自国の通貨に価値がないため他の通貨と交換できません。なので亡命するにもできないのです。

しかし、ビットコインを買っとけば価値が下がるどころか今後上がる可能性が高いのです。なぜなら世界中で使われているから。そうなれば亡命することも可能になってきます。

だからビットコインを買う人が世界中にいるのです。

しかし、リスク回避として買う人はこのような人たちだけではありません。

リスク回避で買う人は新興国だけではない

リスク回避で買う人はアメリカなどの先進国の人たちもいます。

なぜこのような人たちまで仮想通貨を買うのでしょうか?

それは自国の通貨が大暴落するかもしれないからです。

 

実際に元アメリカ連邦議会議員のロン・ポール氏も米国の通貨危機は回避不能と言っています。

もしもアメリカドルが崩壊したらどうなるのでしょうか?

答えは自国の資産が格安で外国に買われるということです。

そうなれば今持っているアメリカドルの価値はぐっと下がることになり、気づかないうちに資産を失っていくことになります。

 

そして、この影響は日本にも及ぼされることになるのです。

だからこそ一部の賢い人たちは仮想通貨を購入するのです。

たとえ自分の国の通貨の価値が下がっても、仮想通貨なら世界中で使われているから価値があるのです。

しかし中には "ビットコインが大暴落したというニュースをみた" という人もいるでしょう。

 

確かにビットコインは一時期一日で10、20%暴落した時がありました。

しかし、通貨というのは上がり下がりを繰り返して成長していくものです。

実際にビットコインの価格は数週間後には暴落前に戻り、現在では歴代で最高値を更新しています。

それはビットコインの価値に世の中の人が気付き始めたからでもあるのです。

結局仮想通貨はあやしくて危険なの?

結論を言いますと "仮想通貨は本来はあやしくて危険なものではない" です。

先ほども述べたように、日本ではまだ仮想通貨に関してあまり知られていないという現状と、マウントゴックスの影響で仮想通貨に対するマイナスイメージがついてしまっています。

しかし、世界的に見れば仮想通貨はインターネットと同じくらい便利なものとみられています。

その証拠に世界中の大手銀行がリップルを使用する、Microsoftはリスクという仮想通貨とパートナーシップを組むなど様々なことを発表しています。

 

日本でマイナスイメージがついている間に世界中でこのような動きがあるのです。

だからこそ賢い人は将来性の高い仮想通貨に投資をしているのです。

実際にイーサリアムという仮想通貨に早い時期から目を向けていたホリエモンこと堀江貴文氏は、ヒトメディア代表取締役の森田正康氏に助言したところ、20万円が数ヶ月で700万円になったという逸話があります。

 

そして、その当時よりもイーサリアムは数十倍になっているので、もし森田正康氏が売っていなければ今頃20万円が一億円になっているでしょう。

そして、リスク回避として購入している人も、たとえ自国の通貨が大暴落してもその資金が仮想通貨に流れていくと考えられるため、今までよりも安心することができるでしょう。

誤解は解けたでしょうか?

ここまで読んでいただきありがとうございます。

この記事を読むことによって、仮想通貨は本来危険なものではなく、インターネットと同じように世界をよりよくしていくものだと思っていただけたら幸いです。

今はまだ日本ではマイナスイメージが強くても2、3年後もっと仮想通貨が世の中に普及してきた頃には誤解も解けているでしょう。

そしてその頃には早い時期から投資をしていた賢い人たちは相当儲けている頃でしょう。

さて、ここまで読んで仮想通貨に興味を持っていただけたでしょうか?

"長期投資目的で仮想通貨を買いたい" や "リスク回避で買っときたい" という人がいるかもしれないので、仮想通貨を買える場所である、ぼくのおすすめの取引所を紹介したい思います。

その取引所はコインチェックです。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

なぜコインチェックがおすすめかというと、優秀な仮想通貨であるリップルを含めた12種類の種類の通貨を購入できるからです。

その全ての通貨が仮想通貨の市場規模が大きくなってるため価格が倍以上になりました。

ちなみに仮想通貨は株やFXと違ってメールアドレスがあれば購入できます

また、万が一登録の仕方がわからないという人のために日本一わかりやすい取引所の登録方法という記事を書いたので読んでみてください。

最後になりますが、早いうちから仮想通貨に対する誤解を解かれた方はラッキーだと思います。

なぜなら、今後の世の中の動きをいち早く察知できるからです。

そして仮想通貨を誤解している人はこのチャンスを逃すことになるでしょう。

しかし、さっきも言ったように100%安全とは言い切れないのでもしやるなら余剰資金でやりましょう!

ではみなさんが仮想通貨にもっと興味を持ってくれることを願ってさようなら!







筆者プロフィール

   TPAです!
2017年6月から初心者ながら仮想通貨の投資に参入!
一時は資産を半分に減らすも、その後損失を取り戻し、含み益だが順調に資産増やし中!


仮想通貨を始めるならセキュリティがしっかりし、ビットコイン、リップル、イーサリアムなどの通貨が買え、初心者にもわかりやすいコインチェックをオススメします。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


仮想通貨ランキング

-仮想通貨は危険!?

Copyright© 投資初心者の学生が仮想通貨に投資してみた結果www , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.